気まぐれ日記

TDS3034 本体カバーを開ける

 テクトロニクスのデジタルフォスファーオシロスコープ <TDS3034> のディスクドライブが不調になり
エジェクトボタンを押してもフロッピーディスクが取り出せなくなってしまいました。

そこで修理に出そうとしたところ、この機種は大分古いものでデーター記録に使っているフロッピーディスク
ドライブの在庫が無いのでメーカーでは修理不可とのことでした。

又、サードパーティーでの修理だと、安いオシロスコープが買えるほどの修理代が掛かてしまいます。

TDS3034_1
TDS3034_1 posted by (C)feizyoa

そこで止む無く自己責任で修理をすることにしました。

先ず本体のカバーを開ける方法が分かりません。 色々と試行錯誤の結果どうやらキャリーハンドルの
部分で本体カバーをロックしているらしい。 先ず、キャリーハンドルのキャップを外してみました。

TDS3034_2
TDS3034_2 posted by (C)feizyoa

キャリーハンドルのクリック動作をさせている樹脂製のバタフライ部品を止めている中央のビスを外します。
更に回転軸アセンブリーを本体カバーに固定しているロックピンを抜きます。

TDS3034_3
TDS3034_3 posted by (C)feizyoa

回転軸アセンブリーを反時計回りに回して引き抜くとオシロスコープ本体と本体カバーが分離できます。
キャリーリーハンドルのもう一方の側も同様に行います。

TDS3034_5
TDS3034_5 posted by (C)feizyoa

これは取り外した回転軸アセンブリー。 矢印で示した部分はロックピン。

TDS3034_4
TDS3034_4 posted by (C)feizyoa

背面の止めビス、一箇所も忘れないように。

TDS3034_7
TDS3034_7 posted by (C)feizyoa

カバーを開けた後は簡単にフロッピーディスクドライブを取り外せます。

結局不良原因はディスク挿入部分に設けられている樹脂製の防塵カバー部品の端が破損して
ディスクドライブ内に入ってしまったため、フロップーディスクが出し入れ出来なくなってしまったという
単純なもの。

TDS3034_6
TDS3034_6 posted by (C)feizyoa

初めからこの辺りの事情が分かっていたら、無理してオシロスコープのカバーを取り外すことなく
ピンセットでも使って破損部品を取り外せたのに、とんだお手間でした。

まあ、オシロスコープの本体カバー取り外し方法が分かったのは大いに収穫でした。



スポンサーサイト
  1. 2014/12/13(土) 18:07:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<浴室用換気扇 交換 | ホーム | レインボールーム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://feizyoa.blog102.fc2.com/tb.php/616-c27edbdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

feizyoa

Author:feizyoa
FC2ブログへようこそ!
東京都在住
男性

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

クラシック時計

表示されている時刻はお使いのPCの時刻です。

カテゴリ

未分類 (858)
日記 (44)
音楽 (2)
食 (49)
植物 (71)
カメラ (5)
無線(ハム) (0)
旅 (10)
昆虫 (3)
パソコン (6)
イベント (3)
オーディオ (8)
野鳥 (9)

FC2カウンター

ブロとも一覧


れんげ草畑

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる