気まぐれ日記

1/4 インチ トラック フォーマット

 昔、38-2トラックデッキといったらオーディオマニア垂涎(すいぜん)の的でしたよねー。

1/4インチ(6.35mm)オーディオテープのフォーマットで、下の図のシアンで示した(Half Track NAB formats)
で録音再生をするもので、テープスピード 38cm/秒(1.5inch/sec)が使えるテープデッキです。

オーディオテープの場合、録音するトラック幅とテープスピードが広く速くなるほど音質が良くなりますが、その分
テープの使用量が増えてくるのでその辺りの妥協点が 38-2トラックということになるかと思います。

では 38-Fullトラック(モノラル)は音が良いかというと、小生はそうでもないと思います。
というのはテープデッキのテープ走行系の精度に起因する問題があります。

テープ走行系の精度が悪いとテープが再生ヘッドを通過するときにテープの上端と下端で微妙な時間差がでて
きます。 この微妙な時間差によって可聴周波数の上限で位相差が生じて音質を著しく損なってしまいます。

ですので、この 38-2トラックというのは中々絶妙なフォーマットではないかと思います。

Quarter-inch track formats
Quarter-inch track formats posted by (C)feizyoa
画像をクリックして、リンク先から表示サイズを選択すれば、より大きなサイズで見れます。

さて、今回小生が入手したものは 19-4トラックテープデッキなので、図のマゼンタで示した(Quarter Track NAB)
のものになります。

GX-625_2
GX-625_2 posted by (C)feizyoa

38-2トラックに比べてどの程度のパフーマンスが得られるか? 単純比較ですがトラック幅 0.043/0.075 =0.57
テープスピード 19/38 =0.5、幾何平均として √(0.57^2+0.5^2) =0.76となりパフォーマンスは概ね 24%減と
いうことになるかと思います。

こう考えるとやはり 38-2トラックデッキは魅力的ですね。




スポンサーサイト
  1. 2014/01/29(水) 13:52:00|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

feizyoa

Author:feizyoa
FC2ブログへようこそ!
東京都在住
男性

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

クラシック時計

表示されている時刻はお使いのPCの時刻です。

カテゴリ

未分類 (821)
日記 (44)
音楽 (2)
食 (49)
植物 (71)
カメラ (5)
無線(ハム) (0)
旅 (10)
昆虫 (3)
パソコン (6)
イベント (3)
オーディオ (8)
野鳥 (9)

FC2カウンター

ブロとも一覧


れんげ草畑

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる